Topへ戻る

ガーデンクォーツ(Garden Quartz)  (別名 苔入り水晶・草入り水晶・庭園水晶)
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・中国
石の意味
特徴など
クローライト(緑泥石)を中心として、いろいろな鉱物が内包されたクリスタルです。
クローライトは緑色や暗緑色、茶褐色などがあり、怒りや憎悪を解き放ち、調和をもたらす効果があるとして
古くから尊ばれてきました。
深い緑が美しく入った状態が、庭園を思わせることから「ガーデンクォーツ(庭園水晶)」と呼ばれていますが
混入の仕方によって、森や川や草原など様々な形に見えます。
見る人に潤いと癒しを与え、気分をリフレッシュさせてくれます。
そして、これまで気付かなかった価値観に目を向けさせてくれる「気付きの石」でもあります。

爽やかな庭園を散策しているような、清々しい癒しを与えてくれます。
都会の喧騒の中で、知らず知らずにストレスを溜め込んでしまった心身に優しく作用し、細胞の一つ一つを元気にします。
集中力を高め、イマジネーションの翼を広げてくれるので、創造的な仕事についている人が持つと良い石です。
ストレスで眠れない時は、そっとこの石に触れてみてください。
精神と肉体を統合してリラックスした状態へ導いてくれるでしょう。
浄化方法
取り扱い上の注意
流水、太陽光での浄化が適する。
ガーネット(Garnet)  (別名 柘榴石)
モース硬度 7〜7.5
主な産地 マダガスカル、アメリカ、南アフリカ、ヨーロッパ、ブラジル、ロシア、インド、ミャンマー
石の意味
特徴など
十字軍の兵士が血止めのお守りとして持っていたといわれる、血液に関係する石。
誕生石の由来となる、12使徒が持っていた或いは古都の門にはめられていたという12の石の一つ。
古くから信仰の対象となってきた、歴史のある石でもある。

実りの象徴とされる石です。
こつこつ積み上げてきた努力を成功へ導き、恋の成就にも手を貸します。
目標の達成を切望する人、大切な人との変わらぬ愛を願う人は、アクセサリーとして身に着けると良いでしょう。
試験や就職活動で活用すると、これまでの成果を出しやすくなります。
さらに、憎しみや嫉妬などのマイナスの感情を浄化し、前向きな力を与えてくれます。
人間関係でトラブルに見舞われている人も、次第に改善に向かうでしょう。
意志の弱さを改めさせ、積極性と勇気を身につける事も可能にします。
浄化方法
取り扱い上の注意
流水と太陽光、クラスターでの浄化に適する。衝撃に弱いので、取り扱いには注意。
カーネリアン(Carnelian)  (別名 紅玉髄)
モース硬度 6.5〜7
主な産地 インド・ブラジル・ウルグアイ
石の意味
特徴など
カルセドニーの仲間で和名を「紅玉髄」と言います。
縞目の無い無地の半透明の赤色のアゲートをいいます。
古代エジプトでは、幸運を呼ぶ石として、また、心臓を守る御守として身に着けられていました。
メソポタミヤや古代エジプトの遺跡からも発見されており、古くから信仰の対象とされていたことがうかがえます。
臆病な気持ちを退け、希望を達成する為の勇気を与えます。

達成したい目標がある時、勇気やチャレンジ精神を高めてくれます。
積極性を高め、迷いを振り切ってくれるので、新事業を始めようとする人や
転職を決意している人力強い後押しをしてくれるでしょう。
試験などでなかなか実力を発揮できない人は、アクセサリーとして普段から身に着けるようにすると効果を実感できます。
また、問題を現実的に処理する力を引き出すので、仕事で伸び悩んでいたり
学習効果が上がらない場合も、原因が解り、前進する為の足がかりとなるでしょう。
浄化方法
取り扱い上の注意
流水と太陽光での浄化に適する。高温で変色の可能性があるので、鍋で煮ないこと(笑)。
カイヤナイト(Kyanite/Cyanite)  (別名 藍晶石・ディスシーン(Disthene/二硬石) )
モース硬度 4〜7.5
主な産地 ミャンマー・ブラジル
石の意味
特徴など
トラウマや固定観念に囚われてしまった人に、光明を与える。
新しい知恵、閃きを得て、これまで自分が気付かなかった世界観へとステップアップできる。
悩んでいたことを白紙に戻す力がある。強迫観念に苛まれている人にも効果あり。
また、他人を意識しすぎる人に、コントロールされない意思の強さを与える。

カイヤナイトは依存心や甘えをなくし、独立心や探究心を強めます。

カイヤナイトは固定概念を外したり悪習慣を遠ざけることによって、持つ人の世界観を確立する事を助ける石です。

強く霊性やインスピレーションに働きかけ、様々な考え方や霊的エネルギーを混乱することなく、一度に扱えるようにする為のサポートをします。現実面も含め、曖昧な物事を明確に、整理整頓するような感覚に近いかもしれません。実際カイヤナイトは整理整頓ができない人、捨てられない人にもオススメの石です。

カイヤナイトは明晰な思考力や判断力を高めるエネルギーも持つので、研究者や物事を探求し続けていくような仕事をされている方には特にオススメです。
浄化方法
取り扱い上の注意
クラスタと月光での浄化が適する。
カミナリ水晶(Lightning crystal)  (別名 ライトニングクリスタル・フラッシュストーン・サンダーストーン )
モース硬度 7
主な産地 ブラジル等
石の意味
特徴など
何らかの拍子で落雷を受けた水晶。
落雷痕は龍のような形状を取ることが多いことから、地の力(水晶)と天の力(雷)の両方を兼ね備えたパワーを持つと言われている。
雷によって溶けた部分は高温で再結晶され(クリストバライト)、もとの水晶とは結晶構造が変化する。
雷に打たれ高温で溶け、徐々に温度が下がっていく段階で急激に体積が収縮し、周囲の通常結晶を自分の方に引き寄せ、特殊な痕跡を残すこととなる。
この地上でもっともマイナスイオンが発生するのは落雷する寸前(レナード現象)であり、その雷の力を存分に受けた石。落雷という試練を受けたためか、痛みや苦痛を取り除くパワーが強いとされている。心身ともに、癒してくれる石。
浄化方法
取り扱い上の注意
太陽光と流水浄化が適する。
カルサイト(Calcite)  (別名 方解石)
モース硬度 3・5〜4
主な産地 メキシコ・アメリカ・イタリア・ドイツ・イギリス
石の意味
特徴など
アラゴナイトと主成分が全く同じ石。結晶構成の差異から両者を区別している(同質異象)。
また、カルサイトの方が色のバリエーションが多く、大理石の主な主成分を占める石でもある。
無色透明で菱形表面体のものを「アイスランドスパー」と呼び、コレクターズストーンとなっている。
カボションカットにすると、キャッツアイ効果が出るものもある。
●透明
対人関係を円滑にする。また、直感力を高める
●オレンジ
心を明るくし、心身のバランスを整える。
●ハニー(ゴールデン)
意思を強くし、迷いを払う。ビジネスや試験等、勝負運を上げる。
●ピンク
強張った気持ちを癒し、穏やかな気分にさせてくれる。他人を許す寛容さが足りないと感じる人に。
●グリーン
疲れが溜まった時に、気分をリフレッシュさせてくれる。また、新しい発想が出やすくなる。
●ブルー
情緒不安定な時や、他人の意見に流されやすいと感じた時に持つと良い。
浄化方法
取り扱い上の注意
軽い流水と、お香か月光浴での浄化が適する。太陽光は厳禁。
カルセドニー(Chalcedony)  (別名 玉髄)
モース硬度 6.5〜7
主な産地 ブラジル・インド・マダガスカル・ウルグアイ・アメリカ
石の意味
特徴など
めのうグループの中でも縞がなく均一な色のものをカルセドニーと呼ぶ。
グリーンはクリソプレーズ、赤はカーネリアンと特別視されている。
白色〜水色〜暗褐色などの色のバラエティがあり、殆どが半透明である。
優しく穏やかな色合いは精神の安定を促し、記憶、感情の整理を助けてくれる。
ギスギスした人間関係にある時は、相手を思いやる気持ちを芽生えさせ、関係修復に役立つ。
また、身体全体に栄養が行き渡るような働きをすると言われている。
浄化方法
取り扱い上の注意
流水と月光での浄化が適する。アクセサリータイプはクラスターかお香で浄化を。
クォーツ(Quartz)  (別名 水晶・石英・クリスタル)
モース硬度 7
主な産地 ブラジル・中国・ロシア・アメリカ
石の意味
特徴など
全てに調和を生み出し、他の石をまとめ、それらのエネルギーをより強く発揮させる。
優れた浄化能力を持つ。万能パワーストーン。
肉体の毒素を排出し、新陳代謝を活発にして、免疫能力を向上させる。その形状によって様々な意味がある。
浄化方法
取り扱い上の注意
水にも太陽光にも強いので、流水と日光での浄化可能。但し、色つきの水晶は強い太陽光で退色するので注意。
クラック水晶(Crack Quartz)
モース硬度  
主な産地  
石の意味
特徴など
天然水晶を加熱することにより人工的にクラックを加えてある。
表面にクラックが現れている玉もあります。使用している内に、内部のクラックから石が割れることがある。
基本的に普通の水晶を何段階か弱めた効果。
色の作用により、金運に良いとされます。
特に磨いたモノは、御神体や占いの道具として大切にされました。
潜在能力を引き出してやる気や決断力を高め、創造力や洞察力、霊的能力を強くするといわれている。
細胞の再生を促して新陳代謝を高めるとされている。
また強い殺菌・解毒のチカラがあると言われ、あらゆる病気の回復を助けるといわれている。
浄化方法
取り扱い上の注意
 
クリソコーラ(Chrysocolla)  (別名 珪孔雀石)
モース硬度 2
主な産地 チリ、ロシア、ザイール
石の意味
特徴など
トルコ石に似ている事から「緑のトルコ石」と言われることもあります。
純粋な物は青色をしていますが、多くは青地に緑や褐色、黒などの色を含んでいます。
幸運や繁栄をもたらし、人生を成功へと導く強い味方です。
不安や緊張を緩和し、感情の安定を図ることにも役立ちます。
クォーツが入ったものは「ジェムシリカ」と呼ばれ、鮮やかな色彩を放っており、本籍として珍重されております。

広く豊かな愛情を育み、精神に調和をもたらすので、人間関係を円滑にし、仕事の成功を呼び込みます。
些細な事を気にしたり、落ち込みやすい人はこの石に触れてみてください。
次第に自信が回復し、「私は大丈夫」という前向きな思いがわいてきます。
イマジネーションを引き出し、美意識を高める効果もあるので
創造的な仕事についている人はアクセサリーとして身に着けても良いでしょう。
女性性をも高めるので、感情表現が下手の人をサポートし、恋の成就にも手を貸してくれます。
浄化方法
取り扱い上の注意
太陽または月光浴に適する。水は厳禁。もろいので他の石とは一緒にしないこと。
クリソプレーズ(Chrysoprase) (別名 緑玉髄)
モース硬度 7
主な産地 オーストラリア、ロシア、アメリカ、ブラジル 
石の意味
特徴など
黄緑や薄緑色のカルセドニーの事。
ジェイドに似ていて、オーストラリアで産出される為「オーストラリアジェイド」と呼ばれる事もある。
目標の後押しをしてくれる。
また、隠れていた才能を引き出し、将来への展望を広げてくれる。
怒りの感情や緊張を抑え、その裏に隠されている孤独感を和らげる。 
浄化方法
取り扱い上の注意
太陽光と流水、スラスターでの浄化が適する。 
クリソベリル(Chrysoberyl) (別名 金緑石)
モース硬度 8.5
主な産地  
石の意味
特徴など
「クリソベリルキャッツアイ」と「アレキサンドライト」はクリソベリルの変種にあたる。
霊的直感を正しい方向へ導いて強化し、異世界や未来を感知する「第三の目」開かせる。
神霊と対話する力と、邪悪なものを避ける強い守護力を得られる。 
浄化方法
取り扱い上の注意
月光浴やセージ、クラスターでの浄化が適する。 
黒水晶(Black Quartz)  (別名 モリオン、モーリオン、ブラッククォーツ)
モース硬度 7
主な産地 オーストラリア、イタリア、ブラジル
石の意味
特徴など
魔除けと空間(部屋など)の浄化。邪の気を鎮め、魂の平安をもたらす。
「金縛りで眠れない」「怖い」時には、部屋に置くことで効果がある。
葬式・法事・病気見舞いなどの時に身に着けると邪気が寄り付かない。
浄化方法
取り扱い上の注意
流水の後、月光浴またはお香での浄化を。太陽光によって退色するので注意。
クンツァイト(Kunzite)  (別名 リシア輝石、スポデューメン)
モース硬度 6・5〜7
主な産地 ブラジル、ミャンマー、アフガニスタン、マダガスカル、カナダ、メキシコ、アメリカ
石の意味
特徴など
元々はカラーバリエーションのある石。
ライラックピンクの石が発見され、1902年にこれを認知・発表した宝石学者G・Fクンツ博士の名を冠しクンツァイトと命名された。
慰めのパワーを持つ石。孤独感や満たされないと思っている人を、優しく包み込んでくれる。
精神を穏やかにしてくれるので、夫婦や恋人と不和になった時などに持つと、心が落ち着いて冷静になれる。
また、血液に関係する病、鬱病などにも効果があるとされている。
浄化方法
取り扱い上の注意
月光、水晶クラスター、お香で浄化を。太陽光は退色するので注意。流水も避けた方が良い。
コーラル(Coral) (別名 珊瑚)
モース硬度 3.5〜4
主な産地  
石の意味
特徴など
繁栄や幸福のシンボルでもあり、海に関連する仕事をしている人や、海沿いに暮らす人に特別な御守となってくれる。
情緒を左右されやすく、運勢的な変化の多い女性には、特にお薦め。
また「さんご」の発音から、出産や、産後の回復の御守としても 
浄化方法
取り扱い上の注意
月光浴や水晶、セージによる浄化が適する。 


Topへ戻る